「歌舞伎役者×初音ミク」が生共演 最新技術で息の合った掛け合い実現(2023年12月5日)

 人気バーチャルキャラクターとリアルタイムでやり取りができる最新技術が公開されました。生の歌舞伎役者と舞台上で競演する初の試みも行われています。

 この技術はNTTが提供する次世代通信基盤「IOWN」を活用しています。

 現在のインターネットと比べてタイムラグが200分の1にまで抑えられることで、リアルの動きをCG化して瞬時に遠隔地まで送れるということです。

 歌舞伎座で上演中の「超歌舞伎」ではこの技術を活用し、出演者の動きやアドリブに対して「初音ミク」がリアルタイムで反応する演出を初めて取り入れています。

 NTTは生の掛け合いに遅れることなく対応できることで、息のあった演技を可能にしているとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp