シロップ瓶に覚醒剤含む液体 100キロ超“密輸”か(2023年12月6日)

 覚醒剤を含む液体100キロ以上を密輸しようとしたとして、63歳の男が逮捕されました。液体はメープルシロップの瓶に入れられていました。

 茨城県の運搬作業員・佐々木宏志容疑者は去年12月、覚醒剤を含む液体116キロ、末端価格でおよそ72億円をカナダから横浜港に密輸しようとした疑いが持たれています。

 横浜税関などによりますと、書類の不備で放置されていたコンテナを調べたところ、100本以上のメープルシロップの瓶などが見つかり、中の液体から覚醒剤の成分が検出されたということです。

 警察は組織的な犯行とみて経緯などを詳しく調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp