内閣改造の効果みられず 内閣支持率5カ月連続で下落(2023年9月25日)

 岸田内閣の支持率が5カ月連続で下落し、30.7%になったことがANNの世論調査で明らかになりました。内閣改造による政権浮揚の効果はみられませんでした。

 調査はこの週末、ご覧の方法で行いました。

 岸田内閣を「支持する」と答えた人は、前回の調査から2.7ポイント減って30.7%でした。一方「支持しない」は48.3%で、2021年の内閣発足以来、最も高くなりました。

 今月行った内閣改造で女性閣僚を過去最多と並ぶ5人に増やしたことについては「評価する」と答えた人が53%で「評価しない」は31%でした。

 消費税額などを正確に把握するため、10月から始まるインボイス制度については「反対」が39%で「賛成」は32%でした。

 また、ジャニー喜多川元社長による性加害の問題を巡り、ジャニーズ事務所が今後信頼を回復できると思うか尋ねたところ、「回復できない」と答えた人が47%で「回復できる」は36%でした。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp