ロシア反戦候補 大統領選の登録拒否で最高裁に提訴(2024年2月13日)

 ロシアで「反戦」を訴える政治家のナジェージュジン氏が大統領選挙の候補者登録を拒否されたことを受けて、最高裁判所に訴訟を起こしました。

 ナジェージュジン氏は12日、中央選挙管理委員会が「支持者の署名は無効」だとして、大統領選挙の候補者登録を拒否した件を受けて最高裁判所に提訴しました。

 この日は、書類の形式を巡る2件の訴訟を起こし、3件目を16日までに行うとしています。

 選管は8日、署名に記された住所と内務省のデータに齟齬(そご)があるとして署名の多くを無効と判断していました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp