バイデン氏陣営が「TikTok」投稿開始 米大統領選(2024年2月13日)

 11月のアメリカ大統領選で再選を目指すバイデン大統領の陣営が、中国系の動画投稿アプリ「TikTok」のアカウントを開設し、キャンペーン動画の投稿を始めました。

アメリカ バイデン大統領
「(Q.トランプ氏か、バイデン氏か?)冗談だろ。バイデンだ」

 これは11日、動画投稿アプリ「TikTok」に投稿された映像です。

 バイデン大統領は、高齢に対する不安を払拭するかのように矢継ぎ早やに質問に答えていきます。

 11月の大統領選で再選を目指すバイデン大統領の陣営は新たに「TikTok」のアカウントを開設し、今回、動画投稿を開始しました。

 人気のアプリを通じて若年層の支持拡大を図る狙いがあるとみられています。

 「TikTok」を巡っては、親会社が中国のIT大手企業であり、アメリカの議会などで、利用者の個人データが中国側に流出することへの懸念がされてきました。

 ロイター通信によりますと、こうした懸念に対してバイデン大統領の陣営は「デバイスの安全対策を十分に取っている」などと説明しているということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp