フィリピン「魔のカーブ」でバス転落 乗客ら17人が死亡(2023年12月6日)

 フィリピンの山道でバスがカーブを曲がり切れずに谷底へ転落し、乗客ら17人が死亡しました。

 現地メディアによりますと、フィリピン中部・パナイ島のアンティケ州で5日、山道を走っていたバスがガードレールを乗り越え、約30メートル下の谷底に転落しました。

 バスには約30人が乗っていて、この事故で乗客や運転手ら少なくとも17人が死亡し、7人が重体だということです。

 現地当局はバスのブレーキが突然、効かなくなり、カーブを曲がり切れなかった可能性があるとしています。

 現場周辺は過去にもバスが転落するなどの事故が起きていて、「魔のカーブ」と呼ばれていました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp