公取委 労務費の価格転嫁で企業の行動指針を公表(2023年11月30日)

 公正取引委員会などは労務費の適正な価格転嫁について、発注側と受注側に対する行動指針を公表しました。

 指針では受注側が労務費として取引価格の引き上げを求めた場合、発注側が「交渉に応じること」を求めます。

 また、発注側は経営トップが受け入れを判断するほか、受注側と定期的に協議の場を設けることも盛り込んでいます。

 そのうえで十分に協議せず、価格を長年据え置くことは独占禁止法上の「優越的地位の乱用」にあたるなどとしています。

 政府は「中小企業の賃上げでは労務費の転嫁が鍵になる」と強調しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp