イスラエル軍「ハマス拠点」ガザ地区最大の病院包囲か…医師反論「司令部ある証拠は」【知っておきたい!】(2023年11月13日)

 イスラエル軍が、ガザ市中心部のシファ病院の地下にハマスが拠点を築いているとして、重要な攻撃目標に定めています。

 ガザ地区最大の病院「シファ病院」近くの建物です。攻撃によって大きく倒壊してしまっています。

 ガザ地区の保健当局は「シファ病院がイスラエル軍に包囲されている」と明らかにしました。

 シファ病院の燃料が底をついて、医療機能が停止し、多くの乳児が死亡するリスクにさらされていて、そのうち2人が死亡したということです。

 一方、イスラエル軍は攻撃の理由として、シファ病院の地下にハマスの司令部があると主張しています。公開したCG映像には、地下に張り巡らされたトンネル網が描かれています。

 イスラエル軍報道官(10月27日):「ハマスは病院から戦争を仕掛けている。病院から作戦を展開することで、イスラエル人や市民の命を危険にさらすだけでなく、罪のないガザ市民を人間の盾として利用している」

 これに対し、最近までシファ病院で働いていた医師は、こう反論します。

 マッズ・ギルバート医師:「一度も指令部があるという兆候を目にしたことはありません。だから、ネタニヤフ首相に問いただしたい。証拠を見せてください」

(「グッド!モーニング」2023年11月13日放送分より)
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp