王座獲得し全タイトル制覇 史上初 藤井聡太八冠誕生(2023年10月12日)

 将棋の王座戦第4局で藤井聡太七冠が、永瀬拓矢王座に勝利し、史上初の八冠を達成しました。

 11日午前9時から始まった王座戦五番勝負の第4局。

 これまで藤井七冠が2勝していて、タイトル獲得に王手をかけていました。

 中盤は永瀬王座が優勢でしたが、最終盤に藤井七冠が逆転し、午後9時ごろ、138手で永瀬王座が投了しました。

 藤井七冠は王座のタイトルを獲得し、史上初となる八冠独占を達成しました。

 対局後、藤井八冠が喜びを語りました。

 王座を獲得した藤井聡太八冠:「全冠制覇にチャレンジできる機会は今後、なかなか来ないかなと思っていたので、今回、達成できたことはすごくうれしいです」

 偉業達成の喜びもつかの間、藤井八冠は17日に竜王戦の第2局が控えています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp