能登半島地震 珠洲市 仮設住宅きょう入居開始(2024年2月9日)

 能登半島地震で大きな被害を受けた石川県珠洲市で、9日から仮設住宅への入居が始まります。

 珠洲市で初めてとなる仮設住宅が40戸完成し、入居を前に説明会が行われました。

 仮設住宅の入居期限は2年で、家賃は無料ですが、水道光熱費は自己負担となります。

入居予定者(79)
「まだ入れない人がたくさんいるのに、早く入れたから喜んでいます」

入居予定者(76)
「地元ですから、帰ってこられて喜んでいる」

 珠洲市では他にも5カ所で工事を進めていて、3月下旬までに合わせて456戸が順次完成する予定です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp