クリミア 100年に一度の嵐 ロシア軍 防衛設備損傷か(2023年11月28日)

 ロシアが2014年に一方的に併合したクリミア半島が「過去100年で最大規模の嵐」に見舞われ、ロシア軍の防衛設備が損傷したとみられています。

 クリミア半島では冬の嵐に見舞われ、およそ50万人が停電の被害に遭いました。

 最大瞬間風速は40メートルを記録し、現地メディアは「過去100年で最大規模の嵐」と報じています。

 ウクライナ内務省の顧問は、「ロシア軍が海岸に掘った塹壕(ざんごう)が嵐で流された」とロシア軍の防衛設備への影響を指摘しました。

 冬の嵐はウクライナ全土を襲いましたが、ドネツクなど東部ではロシア軍との戦闘が続いたということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp