神戸市の結婚式場で男性カメラマン転落 意識不明(2023年11月27日)

 神戸市の結婚式場で撮影をしていた男性カメラマンが柵のない屋上から転落し、意識不明の重体です。

 26日午前10時40分ごろ、神戸市中央区にある結婚式場で「撮影中に建物から人が転落した」と消防へ通報がありました。

 警察や式場によりますと、転落したのは20代とみられる男性カメラマンで病院に搬送されて意識不明の重体です。

 男性は式場から委託されたカメラマンで、3階の屋上スペースで結婚式が始まる前に新郎新婦の動画撮影をしていました。

 屋上は芝生が広がる撮影スポットで落下防止のための柵などはありませんでした。

 男性はカメラを構えて後ずさりしていたところ、道路に転落したということです。

 警察は当時の状況を調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp