米国務長官が会見「ガザを占領し続けるべきでない」(2023年11月9日)

 G7外相会合に出席するため来日していたアメリカのブリンケン国務長官が会見し、イスラエルは戦闘終結後、ガザを占領し続けるべきでないと訴えました。

 アメリカ ブリンケン国務長官:「ハマスはガザを実効支配し続けることはできない。一方、イスラエルがガザを占領できないことも明らかだ」

 ブリンケン長官は会見でこのように述べ、戦闘終結後にイスラエルはガザを占領し続けるべきではないと訴えました。

 また、「ハマスがガザを実効支配する限り、衝突の繰り返しを招くだけだ」と主張し、パレスチナ自治政府によるガザとヨルダン川西岸の「事実上の統一」が必要だと述べました。

 さらに、「ガザでのさらなる悲劇を防ぐため、恒久的な平和と安全の条件を整える必要がある」とイスラエルや同盟国に対して外交努力を促しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp