薬不足解消へ 武見厚労大臣が国内主要製薬メーカーに増産を直接要請(2023年11月7日)

 武見厚生労働大臣は医療現場などで不足している薬について、主要な製薬メーカーに増産することを直接、要請しました。

 武見厚生労働大臣:「薬がまだ足りないという声を頂戴しております。さらにあらゆる手段により対応をお願いさせていただきたい」

 武見大臣は国内の主要製薬メーカー23社に対して現在、不足しているせき止めやたんを出しやすくする薬の増産を直接、要請しました。

 先月、8社に対して供給量を増やす緊急要請をしたため、年内の供給が1割以上増える見込みとなっていましたが、不足状態が続いているとしてさらなる増産を求めました。

 武見大臣は24時間の生産体制や設備の増強などを示し、対応する会社に対しては財政支援を行うほか、来年度改定する薬価上の措置も検討するとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp