ガザ地区から外国人345人がエジプトに退避 許可リストには日本人も(2023年11月2日)

 イスラエルとハマスの衝突開始後、初めて、ガザ地区に滞在していた外国人ら345人とパレスチナ人負傷者がエジプトへと退避しました。複数の日本人も含まれます。

 関係者によりますと、複数の日本人がガザ地区からラファ検問所を通ってエジプト側に退避したということです。

 また、ガザの検問所当局は、1日に、345人の外国籍保有者がエジプト側に退避したと発表しました。

 ガザ当局はこれまでに、許可の出された500人余りのリストを公表していて、国連機関やNGOに所属する複数の日本人も含まれていました。

 2日も退避は続けられることが発表されています。

 また、1日には、空爆などで重傷を負ったパレスチナ人76人も人道的見地から、エジプト側の病院に運ばれました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp