ブラックフライデーで鍋物野菜98円 イオン、物価高に対抗(2023年11月1日)

 11月に行われるアメリカ発祥のセールで、ネット通販などを中心に日本でも広がりをみせる「ブラックフライデー」で流通大手が物価高への対抗策を打ち出すことになりました。
 
 流通大手のイオンはブラックフライデーのセールを17日から全国で始めます。

 猛暑があって価格が上がっている鍋物野菜を98円均一で販売するほか、新米や和牛などを割安で販売します。

 さらにセールに先駆けて2日から予約販売会を開くことになりました。

 「安全資産」とされて価格が高騰している金を使った商品などが用意されます。

 今年は2極化する客のニーズに応え、消費の拡大につなげたいとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp