玉城知事が意見陳述 辺野古「代執行訴訟」即日結審(2023年10月31日)

 沖縄の名護市・辺野古への基地移設を巡り、国が県に代わって工事を承認する「代執行」に向けた裁判が開かれました。

 沖縄県 玉城デニー知事:「裁判所には国が代執行という国家権力で、公益としての民意を踏みにじることを容認されないよう、(県民の多くの)民意に即した判断として示していただけるものと期待を申し上げた」

 辺野古の地盤改良工事を巡っては、県に承認するよう求めた国の指示を適法とする最高裁判決が出ています。

 判決後も県が承認しなかったため、国が県に代わって自ら承認する「代執行」の訴えを起こしていました。

 30日の口頭弁論で、国は知事に工事を承認するよう求め、玉城知事は「代執行は到底容認できない」などと述べました。

 裁判は即日結審しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp