#shorts 元バイトAKB経営 人気ラーメン店…悪臭トラブル騒動 音信不通で関係者困惑

元バイトAKBメンバーが経営する人気ラーメン店で、悪臭トラブルです。近隣住民から苦情の声が上がるなか、経営者の女性は音信不通になりました。一体、何が起きているのでしょうか?

■休業中の店舗で“悪臭トラブル”騒動

 元バイトAKB 「麺匠 八雲」オーナー 梅澤愛優香さん:「純粋にラーメンが好きで食べたいって方が多数ですし、私もラーメンに向き合いたい」

 2年前の取材に、ラーメン作りへの熱い思いを語っていた女性。AKB48の派生ユニット「バイトAKB」で活動していた元アイドルの梅澤愛優香さんです。

 梅澤さんはアイドル卒業後、20歳の若さでラーメン店のオーナーに転身。しかし、経営する神奈川県大和市の「麺匠 八雲」で今、あることが問題になっているというのです。

 休業中の店舗。店の裏手に回ってみると、何台もの冷蔵庫のようなものが無造作に置かれています。周辺に悪臭が漂っています。これには、近隣住民も頭を悩ませているといいます。

 近隣住民:「今もちょっと臭いですね。おそらく食べ物とか食材が放棄されている状態だと思うんですけど。後始末とか、ちゃんとしてほしいなって思いますね」

 休業の理由について、店のSNSには「店舗前道路が水道管工事の為、当面の間店休とさせて頂きます」と投稿されていました。

■梅澤さん これまでも様々なトラブルに…

 先月1日から営業していないラーメン店。現在、店舗前の道路で工事を行っている様子はありません。一体、梅澤さんの店に何が起きたのでしょうか?

 ラーメン店を開業後、これまで様々なトラブルに巻き込まれてきた梅澤さん。

 梅澤さん:「ラーメン評論家の方たちが、業者の方へうちが支払いをしてないとか、あることないこと言われました。あとは中傷、嫌がらせがあって、入店をお断りする形に至りました」

 ラーメン評論家に、ブログで根も葉もない噂を広められる被害に…。さらに、店と反社会的勢力とのつながりを疑われ、取引先から契約を断られたこともありました。

 梅澤さん:「『反社とのつながりがある』とか『裏に運営会社がある』とか。『バックがいる』というような内容ですね。もちろん個人で経営しているので、そちらは違いますというふうに訂正をお願いしたんですけど。すごく悲しいですね」

 それでも経営を続けてきた梅澤さん。店が休業する3日前、8月29日まで出店していたグルメフェスでは、元気な姿を見せていたといいます。

■給与未払いや遅配も…「レジから数万円持っていって」

 グルメフェスの会場で撮影された写真。ファンの男性の隣で笑顔を見せる梅澤さんですが、この時、男性はある異変を感じていたといいます。

 梅澤さんと写真を撮った男性:「これまでに何度も梅澤さんのラーメン店に通っていますが、梅澤さんは元々細身でしたが、痩せたというよりやつれた印象を受けました」

 男性が感じた不安は、現実のものに…。グルメフェスを宣伝する投稿を最後に、梅澤さんのSNSが更新されなくなったのです。

 一体、店で何が…?そして、梅澤さんは今どこに…?疑問が浮上するなか、店の元従業員の女性に話を聞くことができました。

 元従業員 憂国和音さん:「全く(給与を)渡してもらえないから、携帯代とか仕送りとかのことで困っているって伝えたら、『じゃあレジから数万円持っていって』みたいな感じで言われて。普通に経営していたら、そんなお金の管理にはならないはず。おかしいなっていうふうに感じていました」

■周囲に「ラーメン店をやめたい」 音信不通に…

 女性によりますと、給与の未払いや遅配が続いていたという店の経営状況。そうした状況について、梅澤さんは…。

 憂国さん:「給料が払われないってなった時に、梅澤さんだったりに確認した際に、『キャッシュカードを無くしたから』とかいう言い訳を梅澤さん本人からされたことがあって。(給与を)払ってない、払えないっていう状況があったから、そういう発言をしたんだなっていうのは伝わるので」

 一方で、梅澤さんの他に店を取り仕切る人物がいて、金銭的なことはその人物に相談することがほとんどだったといいます。

 憂国さん:「(Q.梅澤さんは経営にはどのくらい関わっていた?)梅澤さん経営、お金回りのことに関しては、ほとんど何も知らなかったと思う」

 さらに、ラーメン店の経営について、梅澤さんは…。

 憂国さん:「(Q.やめたがっていたっていう話は聞いたことありますか?)はい、あります。従業員の中では共通認識で、やめたがっているっていうのは、知っていることではありました」

 周囲に対し、「ラーメン店をやめたい」と話していたという梅澤さん。ことの真相を確認するため、梅澤さんの携帯電話にかけてみましたが、つながりませんでした。

■放置ごみから悪臭…弁護士に聞く“店側の責任”

 梅澤さん:「すごく悲しいですね。(ラーメンへの)嫌味とか皮肉はいらないと思っているので。そういうところにも気を使わなきゃいけないっていうのも、すごく疲れてしまうので」

 番組の取材に、ラーメン店の経営の悩みを打ち明けていた梅澤さん。あれから2年。店舗脇に放置されたごみからは悪臭が漂い、今も近隣住民を困らせ続けています。

 店側の責任について、専門家は次のように話します。

 たきざわ法律事務所 瀧澤輝弁護士(38):「敷地内に置いてあるものについては、本当にそれが不要物なのかどうなのか、最高裁まで争われているケースもあって。本当にそれが捨てられているといえるかどうかが問題になって。ごみ屋敷が分かりやすいと思うんですけど、ごみ屋敷ってあれが廃棄物放棄、廃棄なのかっていうとなかなかそうでもなくて。ごみ集めた人からみれば、それは必要なものなので。なかなか廃棄したものと言えない部分があるんですよね。なので、今回のケースっていうのが、一般廃棄物について、1カ月2カ月そのままに放置されていると。そこから悪臭が漂っているという話であれば、不要物という扱いになって、廃棄物に該当すると考えます。かなり悪臭がしているような冷蔵庫を2カ月くらい放置しているということであれば、廃棄物処理法に違反する可能性があります。1000万円以下の罰金、5年以下の懲役という刑罰が科されます。なかなか梅澤さんが戻ってくるのが難しい話であれば、(不動産の)オーナーの方から賃貸借契約を解除したうえで、強制的に立ち退きを求めると。荷物を撤去すると。そういう形での解決が現実的だと思う」

■元従業員「必ず戻って来て」「梅澤さんも被害者」

 一緒に働いていた元従業員の女性は、梅澤さんが無事に帰ってくることを願っています。

 憂国さん:「今、姿をくらましちゃってると聞いたんですけど。自分の未来のこととか考えるのすごく大変だと思うんですけど。逃げてもしょうがないから、いつか必ず戻って来て。一緒に働いてた人だったら、梅澤さんも被害者ということも、ちゃんと分かってくれると思います」

(「グッド!モーニング」2023年10月24日放送分より)
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp