日中平和友好条約の発効45年記念行事開催 中国外相「善隣友好が唯一の正しい選択」(2023年10月24日)

 日中平和友好条約の発効45周年を記念して、北京市内でレセプションが開かれました。中国外交トップの王毅氏が出席し、「善隣友好が唯一の正しい選択だ」と強調しました。

 中国 王毅外相:「条約の最良の伝承は善隣友好を堅持し、民意の基盤を改善することだ。中国と日本は重要な隣国で、善隣友好は唯一の正しい選択だ」

 中国の王毅外相は、歴史問題や台湾問題を持ち出し、日本側を牽制(けんせい)しましたが、福島第一原発の処理水の問題には触れませんでした。

 一方、日本側からは福田康夫元総理が出席し、「条約の精神である平和・友好・協力を実現しなければならない」と訴えました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp