米国、中東にミサイル防衛システム「THAAD」を配備へ(2023年10月22日)

 アメリカの国防総省は高高度のミサイル防衛システム「THAAD」を緊張が高まる中東地域に配備すると発表しました。

 アメリカのオースティン国防長官は21日の声明で、中東地域にミサイル防衛システム「THAAD」を配備するほか、地対空ミサイルシステム「パトリオット」を運用する部隊の追加派遣を発表しました。

 理由についてオースティン長官は、中東地域に展開するアメリカ軍の戦力保護の強化やイスラエルの防衛を支援するためだと説明しています。

 ロイター通信によりますと、イスラエルとハマスの衝突以降、シリアなどでアメリカ軍に対する攻撃が急増していて、そうした状況に対応するためとみられます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp