民間人集まる病院にミサイル直撃 約500人犠牲か(2023年10月18日)

 パレスチナ・ガザ地区の病院にミサイルが撃ち込まれました。およそ500人が死亡したという情報もあり、アメリカのバイデン大統領のイスラエル訪問が近付くなか、現地の緊張が高まっています。

 17日夜、ガザ地区北部にある病院をミサイルが直撃しました。

 病院には民間人1000人以上がいて、パレスチナ保健省はおよそ500人が死亡したとしています。

 パレスチナ赤新月社は、「大量虐殺が起きた」とイスラエルを非難しています。

 一方、イスラエル軍の報道官は「パレスチナ武装勢力のロケット弾発射が失敗したものだ」として、イスラエルによる攻撃を否定しています。

 バイデン大統領は現地18日にイスラエルに到着し、ネタニヤフ首相らと会談する予定です。

 しかし、ミサイル直撃で、ヨルダンで予定されていたバイデン大統領とパレスチナ自治政府のアッバス議長との会談は中止されました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp