EV向け次世代電池 トヨタと出光が協業開始(2023年10月13日)

 トヨタ自動車と出光興産はEV(電気自動車)向け次世代電池の分野で協業すると発表しました。

 トヨタ自動車 佐藤恒治社長:「クルマの未来を変えていく、その鍵を握るのが自動車産業とエネルギー産業の連携であると考えています」

 トヨタと出光は「全固体電池」と呼ばれる次世代電池の開発で連携し、量産化に向けた実証などを進めます。

 この電池が実用化されれば充電時間が10分以下に、航続距離もこれまでの約2倍(1200キロ)となります。

 トヨタは今回の連携で、「早ければ2027年に実用化」の目標をより確実なものにしたい考えです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp