【速報】アメリカ史上初 連邦議会下院 共和党マッカーシー議長の解任を可決(2023年10月4日)

 アメリカ議会下院の共和党トップ、マッカーシー議長の解任を巡る採決が行われ、賛成多数で可決しました。下院議長の解任はアメリカ史上初めてです。

 先月30日に成立した「つなぎ予算」を巡って共和党・強硬派の1人、マット・ゲーツ下院議員は大幅な歳出削減などを求めたにもかかわらず、マッカーシー下院議長が受け入れなかったとして、2日に解任動議を提出しました。

 これを受けて3日に採決が行われた結果、マッカーシー議長の議会運営に異を唱える党内強硬派の議員らと民主党議員が賛成票を投じたことで過半数を越え、解任が決まりました。

 マッカーシー氏は今年1月、15回の議長選の末に下院議長の座に就くという波乱の幕開けでしたが、党内をまとめきれず、就任から9カ月足らずでアメリカ史上初めて下院議長の職を解任される形です。

 議長不在の間は予算や法案の審議ができないため、今後、新たな下院議長を選ぶプロセスが進められますが、有力な後任候補はおらず、共和党内の分断がますます加速しそうです。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2023
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp