「全国さくらマップ2023」 各地の見頃いつまで? “桜開花・満開”最新予想日まとめ(2023年3月28日)

 今年は全国的に異例の早さで桜が開花しましたが、一体いつまで花見が楽しめるのか、最新情報をお伝えします。

■関東は各地で“満開”…“週末まで”楽しめる所も!

 東京・上野公園の桜は31日まで持ちそうだということですが、関東でも週末まで満開の桜が楽しめる所があります。

 ウェザーマップの最新さくら情報によりますと、東京では、早いところは葉桜になり始めていて、見頃は28日ごろまでとなりそうです。

 東京よりも3日以上遅く満開になった、埼玉・熊谷や神奈川・横浜は都心よりも長く桜が楽しめそうです。

 栃木・宇都宮や千葉・銚子は、28日には満開になるということで、週末まで見頃が続きそうです。

■見頃は? 西日本は“今週まで” 北日本は“来週まで”

 続いて、全国の情報です。マップの薄いピンクが開花している地域、濃いピンクがすでに満開を迎えている地域となります。

 西日本は広い範囲で桜シーズンを迎えていて、福岡、大阪、名古屋では今週までが見頃となりそうです。

 そして、桜前線は北日本のほうまで進んでいて、仙台は来月5日ごろまで、新潟は来月7日ごろまで、楽しむことができそうです。

(スーパーJチャンネル「newsのハテナ」2023年3月27日放送)
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp