カタールで“ラクダのW杯” ミルクの量など競う(2022年11月25日)

 サッカーFIFAワールドカップ2022の開催地となっているカタールでは、ラクダたちのワールドカップも開催されています。

 ラクダ1頭から搾れるミルクの量と見た目の美しさで順位を競います。

 大会は24日から9日間行われ、優勝したラクダの所有者には日本円で約800万円などが贈られ、大会の賞金と賞品の総額は4億円近くに上ります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp