平和“と”物価高騰対策”が柱・・・共産党が参院選公約を発表(2022年6月8日)

共産党は、防衛費の増額に反対することなどを盛り込んだ夏の参議院選挙の公約を発表しました。
共産党・志位委員長:「“力”対“力”では平和は訪れない。外交による平和を作っていくのが、私たちの根本的な対案」

公約では「専守防衛を投げ捨て、日本を戦争する国にする逆行を許さない」と強調。憲法9条については「改憲に反対を貫く」と明記しました。

また、物価高騰への対策として、消費税をただちに5%に減税することや、中小企業の支援とセットで最低賃金を全国一律で時給1500円に引き上げることなどを打ち出しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp