「危険運転していない」無罪主張も・・・東名あおり運転 再び「懲役18年」(2022年6月6日)

東名高速であおり運転の末、4人が死傷した事件から5年。異例のやり直しとなった裁判の判決公判が6日に開かれました。

2017年6月、神奈川県・大井町の東名高速道路で大型トラックが追い越し車線に停車していたワゴン車に衝突し、萩山嘉久さん(当時45)と妻の友香さん(当時39)が死亡。車に乗っていた2人の娘もけがをしました。

危険運転致死傷などの罪で、石橋和歩被告(30)が起訴されました。石橋被告は、パーキングエリアで駐車方法を注意されたことに腹を立て、萩山さん一家が乗ったワゴン車の前に割り込むなどの“あおり運転”を4回に渡り繰り返し、停車を余儀なくされた萩山さんの車に、後ろから来たトラックが突っ込みました。これまでの裁判で、石橋被告は「事故になるような危険な運転はしていないし、人が亡くなったりけがするようなことをしていない」と述べています。

最大の争点になっていたのは、石橋被告のあおり運転が“危険運転致死傷罪”にあたるかどうかです。

弁護側は、事故が起きたのは後ろから衝突したトラックが原因だったなどとして、一貫して、無罪を主張してきました。4年前に行われた1審では、懲役18年が言い渡されましたが、裁判前の手続きに問題があり、やり直しとなります。

繰り返し法廷に立つことになった遺族は意見陳述で、こう訴えていました。
友香さんの父親(3月30日):「彼には、一日も早く刑に服して反省してもらいたいし、友香たちに謝ってもらいたいと、事件の起きた日からずっと思ってきた。有罪とか無罪とか言う前に、彼が、この事故のきっかけを作ったことは間違いないのだから、人として、まず謝ってもらいたい」

そして迎えた6日の判決。横浜地裁は1審と同じ、懲役18年の判決を言い渡しました。「後続車両との衝突などによる重大な交通事故を招く客観的な危険性があった」として、事故との因果関係を認め“危険運転致死傷罪”にあたると判断しました。
青沼潔裁判長:「犯行態様は極めて危険で、強い犯意に基づく執拗なものといえる。被告人は自らが犯した罪に真摯に向き合っているとは到底いえず、反省の態度は伺われない」

判決を黙って聞いていた石橋被告。弁護人によると、控訴するということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp