トヨタ、国内10工場で追加停止 上海ロックダウン長引き・・・5万台に影響(2022年5月27日)

 中国・上海でのロックダウンの影響により国内の工場の一部で、稼働停止が続くトヨタ自動車は10の工場でさらに5日間、稼働を停止すると発表しました。

 稼働が止まるのは愛知県豊田市の元町工場など国内10工場の16のラインです。来月6日から10日まで一律で5日間停止しおよそ5万台の生産に影響が出るとしています。

 上海で続くロックダウンにより部品の供給が滞っていることが原因で、この10工場は3日前にも今月25日から来月にかけて最長5日間停止すると発表したばかりです。

 上海のロックダウンによる国内での減産はこれで少なくとも11万台に上ります。

 トヨタは今後も追加の稼働停止の可能性があるとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp