アゾフ大隊兵士の家族ら 早期救出求め国に署名提出(2022年5月13日)

 ロシア軍が包囲するウクライナ南東部の製鉄所で抵抗を続ける「アゾフ大隊」の兵士の家族らが、一刻も早い救出を求めて国に署名を提出しました。

 おじと親友がアゾフ大隊に所属:「マリウポリの兵士たちを守るために助けて下さい」

 首都キーウの広場で12日、アゾフ大隊の兵士の家族らおよそ100人が集会を開きました。

 家族らは外務省の前まで移動し、一刻も早い兵士らの救出を求めて署名を提出しました。

 ロシア軍に包囲されているマリウポリのアゾフスタリ製鉄所では、およそ2000人のアゾフ大隊の兵士たちが徹底抗戦しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp