オミクロン新系統「XE」 国内2例目を空港検疫で確認(2022年5月2日)

 厚生労働省は、新型コロナウイルスのオミクロン株の新たな系統「XE」について、新たに国内の空港検疫で1人の感染が確認されたと発表しました。

 新たに感染が分かったのは、アメリカに滞在歴のある50代の男性です。

 男性は先月16日に羽田空港に到着していて、詳しい検査の結果、「XE」への感染が確認されました。喉の痛みや頭痛などの症状があったということです。

 「XE」はオミクロン株の「BA.1」と「BA.2」が組み合わさったもので、先月11日に国内の検疫で初めて確認されていて、今回で2例目になります。

 感染者が増える速度は「BA.2」よりも12.6%速いとされています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp