ウクライナ大統領 製鉄所からの避難開始と発表(2022年5月2日)

 ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシア軍に包囲されていたウクライナ南東部マリウポリの製鉄所から市民およそ100人が避難を開始したと明らかにしました。

 ゼレンスキー大統領は1日、自身のツイッターでマリウポリのアゾフスタリ製鉄所から市民の避難が始まったと明らかにしました。

 第1陣のおよそ100人がすでに出発し、2日にザポリージャでウクライナ側と合流する予定だということです。

 また、ロイター通信によりますと、国連人道問題調整事務所の報道官は1日、アゾフスタリ製鉄所にいた市民のための「安全な通行作戦」を実施していると発表しました。

 作戦は29日に始まり、赤十字国際委員会、ロシア、ウクライナと調整しながら避難を進めるということです。

 報道官は「避難民と輸送隊の安全を脅かさないために詳細は公表できない」としています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp