有明海に小型機不時着 1人死亡、1人意識不明(2022年4月18日)

 有明海で小型機が不時着し、乗っていた3人のうち1人が死亡し、1人が意識不明です。

 三池海上保安部によりますと、18日午後3時40分ごろ、自衛隊から通報を受けて巡視艇で有明海を捜索していたところ、小型機の搭乗員3人のうち救命胴衣を着た2人を発見しました。

 2人のうち1人は意識がなく、およそ20分後に残りの1人がうつ伏せで意識のない状態で浮いているのが見つかりました。

 3人は病院に搬送されましたが、その後、80代の男性が死亡しました。

 小型機は熊本県の阿蘇場外離着陸場から離陸したもので、機体はまだ見つかっていません。

 海上保安部などが詳しい事故の原因について調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp