岸田総理がスイスの大統領と会談 対ロシアで緊密な連携を確認(2022年4月18日)

 岸田総理大臣はスイスのカシス大統領と会談し、ウクライナ侵攻を続けるロシアに対して「強力な制裁を続けていく」など緊密に連携していくことを確認しました。

 岸田総理大臣:「ロシアの侵略が欧州のみならず、このアジアを含む国際社会の秩序を揺るがすなか、今ほど国際社会の結束が求められている時はないと考えています。緊密に連携をし対応していきたい」

 スイスは中立国を掲げていますが、ヨーロッパ各国などと足並みをそろえる形でロシアへの制裁に加わっています。

 会談で両首脳は「多くのウクライナ市民が犠牲になっている」として、「ロシアの責任を厳しく問われなければならない」と強調しました。

 そのうえで「一刻も早くロシアが国際社会の声に耳を傾け侵略を止めるよう、強力な制裁措置を続けていく」ことで一致しました。

 また、北朝鮮情勢を巡っても引き続き連携していくことを確認しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp