3年ぶり開催の「人間将棋」に藤井五冠参戦 山形(2022年4月18日)

 山形県天童市で伝統行事の「人間将棋」が3年ぶりに行われ、藤井聡太五冠が参戦しました。

 藤井聡太五冠:「全軍を躍動させ勝利を目指したい。いざ尋常に勝負!」

 「人間将棋」は甲冑(かっちゅう)に身を包んだ武者などを将棋の駒に見立てて対局します。

 将棋の駒の生産量日本一を誇る天童市の春の恒例行事で今年、3年ぶりに行われました。

 17日は藤井聡太五冠が登場し、佐々木大地六段と対局しました。

 佐々木大地六段:「藤井殿、鋭いな。どうしたものか」

 藤井聡太五冠:「逆王手も折り込み済みじゃ」

 対局中には「ござる」などの武者言葉で掛け合いをすると、会場は大いに盛り上がっていました。

 藤井聡太五冠:「桜が満開で天気も良くて素晴らしい日のなか、人間将棋ができて、とても良い経験になった。天童は将棋の町、タイトル戦をやって頂く機会も多いので、今度はそういった形で来られたら」

 すべての駒を動かすという特殊なルールに苦戦しながらも、藤井五冠が勝利しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp