故金日成主席の生誕祝賀行事 軍事挑発確認されず(2022年4月16日)

 北朝鮮の故金日成主席の生誕110周年の祝賀行事が開かれました。警戒されていた軍事挑発は確認されず、金正恩総書記の動静も明らかにされませんでした。

 朝鮮中央テレビは15日午後7時すぎ、「実況中継」として若者らのダンスや花火の打ち上げなど、平壌で行われた祝賀イベントの様子を放送しました。

 一方、金総書記の動静は、恒例となっている金日成主席や金正日総書記の遺体が安置される宮殿への参拝も含めて報道されていません。

 軍事パレードも確認されていませんが、北朝鮮では25日に朝鮮人民革命軍の創建90周年を控えていて、ミサイル発射や核実験などへの警戒が続きます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp