世界遺産・東大寺 国宝の大仏殿に“液体”(2022年4月15日)

 奈良市の世界遺産「東大寺」で国宝の大仏殿に液体のようなものがかけられているのが見つかりました。

 14日午後5時10分ごろ、東大寺の職員が大仏殿の南側の入り口に続く階段を上がったところで地面に近い場所にある地覆と呼ばれる横木に液体のようなものがかけられた跡を見つけ警察に通報しました。

 警察によりますと、跡はおよそ5メートルの間隔で2カ所確認されていて、大きさはそれぞれ縦およそ60センチ横およそ70センチと、縦およそ60センチ横およそ80センチだということです。

 警察は文化財保護法違反の疑いがあるとみて調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp