20年ぶりの円安水準 鈴木大臣「大変に問題」(2022年4月14日)

 13日の外国為替市場で20年ぶりの円安水準である1ドル=126円台をつけたことを受け、鈴木財務大臣は「急激な変化は大変に問題である」と述べました。

 鈴木財務大臣:「為替の安定は大切です。特に急激な変化ということは大変に問題である。これからの為替の動向については注視していきたい」

 13日の外国為替市場ではアメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会による金融引き締めの加速が見込まれるなか、「日米の金利差が広がる」との見方が強まり、およそ20年ぶりの1ドル=126円台をつけました。

 円安は原材料の高騰などをもたらす要因で、さらなる物価高につながる可能性があります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp