「アベノマスク」配布希望殺到で・・・受付期間延長(2022年1月11日)

 アベノマスクの配布を求める申請が相次ぎ、期限が延長されました。

 安倍政権がおととし配布した布マスク、いわゆる「アベノマスク」は8054万枚の在庫があり、保管に6億円以上がかかっています。

 厚生労働省は希望する自治体や個人などに100枚単位で配っていて、申請は今月6日までに8万5000件、枚数では850万枚以上になるということです。

 厚労省は「想定より高い関心を頂いている」として、14日までとしていた申請期限を28日まで延長すると発表しました。

 配布されなかったマスクは用途は問わずに売却し、最終的に残った分は3月に廃棄されます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp