韓国 ディーゼル車に不可欠な「尿素水」供給不安に(2021年11月9日)

 韓国でディーゼル車に欠かせないある物資が不足し、市民生活への影響が懸念されています。

 韓国で在庫が逼迫(ひっぱく)して供給不安に陥っているのは、ディーゼル車に必要な「尿素水」です。

 尿素水はバスやトラックなどディーゼルエンジンが出す排気ガスの中の窒素酸化物の浄化に欠かせず、今後、市バスや物流、ごみの収集など市民生活にも影響が及ぶ可能性があります。

 韓国は「尿素」の6割以上を中国からの輸入に依存していて、中国政府が輸出を事実上、制限したことで問題が表面化しました。

 こうした状況に文在寅(ムン・ジェイン)大統領も「需給管理に万全を期してほしい」と対応を指示する事態となっていますが、尿素の供給は中国頼みで具体的な解決策は見つかっていません。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp