福岡・新大牟田駅 駅員が寝坊で13人乗車できず(2021年11月8日)

 7日、九州新幹線新大牟田駅で泊まり勤務の駅員が寝過ごし、始発列車に13人が乗車できなかったことが分かりました。

 JR九州によりますと、早朝、新大牟田駅で泊まり勤務の駅員が寝過ごしたため、本来なら5時50分に開くはずの駅の出入り口が開かず、6時19分の新幹線に乗る予定だった13人が乗車できなかったということです。

 駅は午前6時半すぎに開き、13人は後続の列車に乗車しました。

 泊まり勤務の駅員は通常、自動の起床装置と2つの目覚まし時計をセットしますが、今回、すべてのセットを失念していたということです。

 JR九州は「今後このようなことがないよう指導を徹底していく」と話しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp