12歳男児が母親の代わりに期日前投票 有効扱いに(2021年10月31日)

 30日、北海道函館市の期日前投票所で選挙権のない12歳の男の子が投票するという事態が起きました。

 函館市の選挙管理委員会によりますと、30日、函館市港町のショッピングセンターに設けられた期日前投票所で12歳の男の子が小選挙区の投票用紙を受け取り、投票を行いました。

 男の子は父親と一緒に投票所に来ていて、父親は体調の悪い妻の代わりに息子に投票させたということです。

 市の選管は、混雑していて確認が不十分で見落としたとしています。

 男の子が投票した小選挙区の投票用紙は、有効票として扱われるということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp