韓国初の国産ロケット 衛星を目標軌道に乗せられず(2021年10月22日)

 韓国が独自に開発した国産ロケットは打ち上げに成功したものの、衛星を目標の軌道に乗せることには失敗しました。

 韓国初の純国産ロケット「ヌリ号」は21日午後、韓国南部の発射台から打ち上げられました。

 その後、計画通りの高度に到達したものの、ダミー衛星を軌道上で安定させる作業に失敗したということです。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国民向けの演説で明らかにしました。

 ただ、文大統領は同様のロケットを開発できるのは6カ国しかないと述べ、「立派な成果だ」と強調しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp