京都府 飲食店への時短要請を21日の期限で解除へ(2021年10月19日)

 京都府は飲食店への時短要請について、21日の期限をもって解除することを決定しました。

 京都府・西脇隆俊知事:「第5波については一定乗り切ったというふうに評価できると思います。基本的な感染予防対策をしっかりとしていく。日常生活の一部にして頂きたいと思います」

 京都府は18日、新型コロナの対策本部会議で府内16市町村の飲食店を対象に続けてきた時短要請を21日の期限をもって解除することを決定しました。

 酒類の提供も時間の制限がなくなり、京都府の時短要請は今年4月4日以来、およそ7カ月ぶりに全面的に解除されます。

 政府は行動制限の緩和に向けた実証実験を進めていて、飲食店で最初の対象地域となる京都府では今月21日から来月3日まで23の飲食店で実施することになっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp