Jリーグで実証実験 AIカメラでマスク着用率確認(2021年10月17日)

 サッカー・Jリーグの試合で新型コロナのワクチンを接種した人などを対象に観客数の制限を緩和する実証実験が行われ、入場時の混雑具合やマスクの着用率が確認されました。

 横浜市の日産スタジアムで行われた実証実験ではワクチンの接種記録か検査の陰性証明を持参することを条件に座席を6000席以上用意しました。

 入場の際に接種記録をスムーズに確認できるかどうかをチェックしたり、AIカメラを使って観客のマスクの着用率を確認したりしました。

 会場には山際経済再生担当大臣が大臣就任後、初となる視察に訪れました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp