JR東 始発から平常通り運行 変電所火災の原因調査(2021年10月11日)

 10日にJR東日本の変電所で火災が起き、首都圏の10路線が一時運転を見合わせました。夜までにほとんどが運転を再開し、11日は始発から平常通り運行しています。

 10日午後1時前、埼玉県蕨市にあるJR東日本の変電所で火災が起きました。

 この影響で送電ができなくなり、山手線や京浜東北線など首都圏の10路線が一時運転を見合わせました。

 利用客:「あしたも仕事なので、どうなるのかと思っていたので安心しました」「1000円カットで髪を切ったりして待ってました」

 10日の段階でほとんどの路線が運転を再開しましたが、およそ23万6000人に影響が出ました。

 変電所の変圧器付近から出火していて、JRや消防などが原因を調べています。

 11日は始発から平常通り運行しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp