観光庁 行動制限緩和 実験対象ツアー公表(2021年10月6日)

 新型コロナ対策の行動制限の緩和にあたって、観光庁は「ワクチン・検査パッケージ」の活用に向けた実証実験の対象となるツアーを発表しました。

 実験の対象となるのは日本旅行や阪急交通社など11社・38件のツアーで東京近郊や名古屋、福岡を出発地とし、今月から来月にかけて添乗員が同行して北海道や沖縄などに向かいます。

 飛行機やバスに乗る前や宿泊先へのチェックインで、ワクチン接種済みの証明や検査の陰性証明を利用客に求め、スムーズに確認作業ができるかや、ツアーから2週間後の利用客の健康状態の確認などを行うということです。

 観光庁では、旅行客が直接、宿泊施設に向かう場合についても今後、実験する方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp