イスラエル グリーンパスの新ルールを導入(2021年10月3日)

 新型コロナのワクチン接種を証明する「グリーンパス」が普及しているイスラエルで、接種から6カ月でパスが失効する新しいルールが導入されました。

 地元メディアによりますと、3日から「グリーンパス」の運用が変わり、2回目の接種を受けてから6カ月以上経った人は3回目の接種を受けない限りこの制度を使えなくなりました。

 現時点で6カ月以上経った人は200万人いると推定され、政府はこの新ルールで3回目の接種を推し進めたい考えです。

 「グリーンパス」はワクチン接種を終えた人にだけレストランなどの利用を認める制度で、イスラエルがいち早く導入していました。

 ただ、新ルールが始まって数時間でシステムがダウンし、混乱が広がっているということです。

 政府は復旧するまでの間は既存のパスを有効にするとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp