JR小倉駅 新幹線と接触 ホームに挟まれ男性死亡(2021年10月4日)

 北九州市のJR小倉駅のホームで男性が新幹線と接触し、死亡しました。男性は線路からホームによじ登ろうとしたとみられています。

 3日午後10時10分すぎ、「新幹線とホームの間に客が挟まれている」とJRの職員から通報がありました。

 30代とみられる男性が病院に運ばれましたが、およそ1時間後に死亡が確認されました。

 警察は、目撃情報やホームの映像から男性は事故の直前に新幹線のホームから線路に降りて新幹線の前を横切り、別のホームによじ登ろうとしたところ、発車したさくら408号とホームの間に挟まれたとみています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp