大型犬が通行人噛みけが 飼い主の暴力団組長を逮捕(2021年9月29日)

 去年、北九州市の路上で通行人が大型犬にかまれ、けがをしました。28日、警察は飼い主の暴力団組長の男を逮捕しました。

 工藤会系組長の中島直人容疑者(79)は去年7月、北九州市の自宅兼組事務所前の路上で飼っていたシェパードをリードを持たずに散歩させていたところ、ジョギング中の男性にかみつき、全治2週間のけがをさせた疑いが持たれています。

 警察の調べに対し、容疑を否認しています。

 中島容疑者の飼い犬を巡ってこれまでに3度、書類送検されていました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp