台風14号 九州北部上陸か・・・“温低化”が“再発達”(2021年9月17日)

 温帯低気圧に変わるとみられていた台風14号ですが、16日に再び発達して、17日に九州北部に上陸する見通しです。

■宮崎・目前の斜面が突然「崩れよる!」

 16日、宮崎市で撮影された動画。至る所で、階段から勢いよく流れ落ちる雨水。限界を超えた側溝は、まるで噴水のようです。

 道路の冠水も相次ぎました。トンネルは片側1車線が完全に水につかり、走行する車は、ヘッドライトがほとんど隠れています。

 また別の場所では、目の前の斜面が突然、崩れました。

 宮崎市では16日昼前、河川の氾濫や土砂災害の危険性が高まっているとして、一部地域に警戒レベル5の「緊急安全確保」を発令しました。

 この雨をもたらしたのが台風14号。当初、温帯低気圧に変わるとみられていましたが、再び発達して、台風のまま、17日に九州北部に上陸する見通しです。

■川の穏やかな清流が“激しい濁流”に・・・

 宮崎市の野島地区では、土砂崩れが発生。巨大な石が今にも落ちそうな状況でした。

 市内を流れる野島川です。普段は穏やかな清流が、川沿いの道路をのみ込み、道路の舗装を流すほどの濁流となりました。

 接近前から大雨をもたらしている台風14号。JR西日本は、17日の午後から、山陽新幹線の広島―博多間で計画運休を予定しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp